まつげエクステを自身でつける

subpage01

まつげエクステを自身で行うときには、太さや角度を考えて購入してくる必要があります。



太さがある方が強調しやすくインパクトがありますが、職業によってはあまりふさわしくない状態になったりするので、考えて使うことが肝心です。



また、カールが強いほどお手入れするときなどに大変なため、初心者は緩いものから始めたほうが無難です。

まつげは両目で150から200本近くありますが、自然な仕上がりが良い人は片目50本ほどのまつげエクステが程よく、目元がはっきりするボリュームを出したい方は先が2本に分かれているタイプを使うか、片目だけで100本ほどのまつげエクステを用いると効果が高いです。

化粧や美容液・クリームなどが自身のまつげに付着しているとまつげエクステのつき方が悪くなるので注意が必要です。



鏡でバランスを見ながら1本置き程度間隔をあけてつけていくと良いです。



細やかな作業が苦手な人やイライラしやすい人は専門のサロンなどで行ってもらった方がストレスなく仕上がりもきれいになります。



まつげは自然に抜けることもありますし、粘着力が弱まって剥がれてくることがあります。



目に入った時にはむやみにこすったりせず、水で目を洗ったりやわらかいタオルなどでそっと取り除くようにして、目を傷つけることが無いように注意しましょう。
まつげに負担がかかりすぎたり、栄養不足などがありますとまつげエクステをつけたことにより抜けやすくなることもあります。



元々のまつげが無くなってはエクステをつけることができなくなりますから、ケアを十分に行うべきです。



関連リンク

subpage02














まつげエクステで若々しい目元へ。

まつげエクステとは、自分のまつげに1本ずつ人工まつげを付ける美容の一種です。だいたい3週間から1ヶ月ほど綺麗な状態を維持することが可能であり、顔を洗っても取れません。...

NEXT
subpage03














まつげエクステの危険性

人口の毛を専用の接着剤でまつげにつけることで、まつげのボリュームを増やすことが出来るとして人気となっているのがまつげエクステです。毎日、マスカラなどでまつげのメイクをしている人にとっては、手間を省くこともでき、なおかつ自然な仕上がりを得ることが出来るのでとても魅力的といえるでしょう。...

NEXT